素敵なお店かどうか判断ポイントに♪

こんにちは!

関東は梅雨入りしたそうですね。

梅雨前線も次第に北上し、まもなくですね。

水がないと大変なことになりますが

程度を超えない様に祈るばかりです。

 

さてかつて営業の仕事も必要に迫られ

させて頂いたことがありました。

持論ですが、7~8割くらい

で当たっていると感じたことを少し・・・

 

どの業種も今は観葉植物を少なくても

一鉢は置いています

営業前に簡単な調査に伺います。

難しい調査ではありません。

店頭はきれいに掃除されているか?

花が植えられていたら、枯れたままになっていないか?

観葉植物は世話しないと枯れやすさがあったり

過度に世話し過ぎるのも枯れてしまうところがあります。

なので、その植物の特長を分かっていないと枯れますが

枯れたままになっていないか?

 

これだけです。

ご挨拶しながら、ちょっと目を植物にも

向けてみます。

 

社風がオフィスの観葉植物までも影響する

ように思っています。

お世話が大変なのでこの頃は

アーティシャルフラワー(造花)を飾るところが

増えていますが置物になってホコリをかぶって

いるところも結構多いです。

女性のお客様は見ておられるのですよね。

ホコリはすぐに気がつきます。

 

建物がどんなに古くても、玄関がきれいに

掃除され、葉っぱがつやつや青々として

いて、花は夏もきれいに咲いていた横浜の老舗の

レストランはリピーターや長年の常連さんが

半分以上と聞きます。

花を経費削減の対象とせず、生きたフレッシュな

花をたった一輪であってもピカピカに磨かれたグラスに

活けてあり、とても品格のあるお店の雰囲気でした。

たった一輪のお持て成し・・・

 

ホスピタリティな視点ですね(^_-)-☆

 

何気ないところに気持ちも向き

きちんとされていました。

店長さんも生き生きし、店員さんも誇りを持ち

ハキハキしてきれいな言葉で優しい口調で

話されていました。

大切にされると、細かなところまで

気がつくのですね。

そして大切にするのですね。

 

逆もまた然りですね。

どんなに丁寧な言葉でお迎え下さっても

応接間に置かれた観葉植物が日干し状態では、、、

響いて来ないですよね。

 

心身が疲れていても、お花のお世話をしながら

ご家庭の皆様へ植物の命の喜びをご提供する、

素敵なお母さんもおられます。

 

もしもビジネスマンの方で

パートナーシップを築きたいという視点で

探しておられましたら、置かれた小さな命ある

植物の状態などにもそっと目を向けて

みては・・・?

ご参考まで☆彡

 

次回からまたスバル車の続きを

スポーティなS4のご紹介を是非☆彡

 

 

 

 

 

 

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31